15.メモ取り③

では実際にメモを取ってみましょう。まずは皆さんの第一言語である日本語を聞いてメモを取る練習をしてみます。以下の日本語を誰かに音読してもらってください。あなたが理解できているかどうか確認を取りながら音読してもらうのではなく、普段の話すスピードで読んでもらってください。A4サイズのノートを縦半分に折り、ボールペンを持って、さあやってみましょう。

熱中症とは、高温多湿な環境に身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称のことを言います。起こり得る症状としては、めまいや立ちくらみ、顔がほてる、筋肉がピクピクとけいれんする、または硬くなる、体がぐったりし力が入らない、汗のかきかたに異常がある、体温が高く赤みなどの皮膚の異常が見られる、まっすぐ歩けない、声をかけてもおかしな返答をする、水分補給が上手に出来ない、などの異常が見られるときは、重度の熱中症にかかっていると言えます。
 16. メモ取り④ へ >
▲page top