なるほどコラム | 英語いいね!

よくある英語のまちがい編 タイトル画像
「~ing」には3種類しかない!!
めっちゃ基本!「~ing」には3種類しかない!!

めっちゃ基本!「~ing」には3種類しかない!!

「なんだかな~、-ing形っていっぱいない?現在進行形は分かるけどさ、ほかにもけっこ~あるじゃん?どんだけingよ?混乱するわっ」と英文法が嫌いになってしまいそうな人、聞いて聞いて!!3つっきゃないから!

進行形
be動詞+動詞 ing(動詞としてはたらく)
・I am reading.
・He was not speaking.
・What are you doing?

動名詞
動詞 ing(名詞としてはたらく)
Travelling is fun.
・I like swimming.
・Do you like reading?

現在分詞
動詞 ing(形容詞としてはたらく)
・That was an exciting movie.
・The map was confusing.
・I have some encouraging news.


進行形には現在進行形 I am reading、過去進行形 I was reading、現在完了進行形 I have been reading、過去完了進行形 I had been readingがありますが、時制は何であっても、文章の中で「動詞としての役割」を果たします。つまり、元から動詞だけど進行形にすることで「~しているところ」となるのです。

動名詞は常に「名詞としての役割」を果たしています。
主語(~は)と目的語(~に、~を)は必ず名詞なので、
「泳ぐことが好き= I like swim.」としてしまうと×。目的語のところに動詞であるswim(泳ぐ)が来てしまっているからですね。
では「泳ぐこと(名詞)が好き」とするにはどうするのか。そんな困ったときに、「君はもともと動詞だけど、このチームでは名詞が必要だから…ingくっつけて名詞としてプレーしてよ!」と勝手なお願いをされたのが動名詞。乙!

I(主語)like(動詞)swimming(目的語)
Swimming(主語)is(動詞)fun(補語)ね?

分詞には現在分詞(-ing)と過去分詞(-ed)しかありません。動詞なのに–ingや–edをくっつけることで「形容詞としての役割」を果たします。少し例を挙げてみましょうね。

元の動詞
「excite 興奮させる」
「confuse 混乱させる」
「encourage 励ます」

現在分詞(形容詞)
exciting 興奮させるような」
confusing 混乱させるような」
encouraging 励ましになるような」

過去分詞(形容詞)
「excited 興奮した」
「confused 混乱した」
「encouraged 励まされた」


もちろん深~く勉強すればもっともっと複雑になっていきますが、何よりも大切なことはこの3つの ingの区別。英文法って、「よく分からないけどとにかく千問解いた!」という人より、「きっちり理解して頭の中で整理できた!問題は50問解いてみた」という人の方が上達度は高い!