※※※【サイト終了のお知らせ】※※※

誠に勝手ながら、諸般の事情により2020年3月31日をもちまして、英語いいね!サイトは終了させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして深く感謝いたしますとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

【あいさつ編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
連絡先を交換する
▼英会話文をみる▼
Man : It was great meeting you tonight.
Woman : Yes. I hope to see you again sometime.
Man : Well, can I have your email address?
Woman : OK. This is my email address and cellphone number.
Man : Thank you. This is my business card.
   Please feel free to contact me anytime.
▼和訳+ポイント解説をみる▼
男性:今晩はお会いできてとても嬉しかったです。
女性:そうですね。またいつかお目にかかれると良いのですが。
男性:メールアドレスをお伺いしてもよろしいですか?
女性:はい。これがアドレスと携帯電話の番号です。
男性:ありがとうございます。こちらが私の名刺です。
   いつでもご連絡下さい。

【学習ポイント】
今回は相手の連絡先を尋ね、自分の連絡先も渡すという場面でしたね。
Can I have ~? は「~を頂けますか?」という言い回しで、~の部分を
変えることにより、本文のように相手に関する情報を聞き出すことから
買い物やレストランでの注文まで様々な場面で使える表現なのでぜひ活用
して下さい。

Can I have your name? 「お名前頂戴できますか?」
Can I have Sirloin steak? 「サーロインステーキを頂きます。」
Can I have this T-shirt? 「このTシャツ頂けますか?」
Please feel free to ~. 「いつでも遠慮なく~してください。」
という表現も使いこなせると素敵ですね。

本文では「連絡をとる」という動詞contactが用いられていましたが、
Please feel free to call me. 「いつでもお電話ください」
Please feel free to email me.「いつでもメールしてください」
Please feel free to drop by anytime.「いつでも立ち寄ってください」等
ちょっとしたお誘いの表現として便利ですね。


英会話の音声が一部入っていない版で、実際の会話に声を出してチャレンジしてみましょう!右の動画で色のついたときがあなたの番です!
※ポップアップウィンドウが起動します。

~その他のオススメ動画~
英語落語イメージ
落語を英語で楽しめる!
ちょっぴり知的でユーモア溢れる
大人のエンターテインメント!

英語落語小噺1イメージ
小噺1:禁酒期間

海外転勤イメージ
更にステップアップしたい人へ!
海外転勤が決まったイチローと
その家族の生活を通して、英語を
学ぶ!
海外転勤11イメージ
第1話:旅立つ前の準備として必要なこととは?