※※※【サイト終了のお知らせ】※※※

誠に勝手ながら、諸般の事情により2020年3月31日をもちまして、英語いいね!サイトは終了させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして深く感謝いたしますとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

知らないとコワい...文化の違い編 | なるほどコラム

言霊について考えてみた

言霊について考えてみた

「言葉選びって重要!」

皆さんは「言霊(ことだま)」という言葉を聞いたことがありますか。今日は、その言霊について少し考えてみたいと思います。

言霊とは、ことばに宿るとされている不思議な力のことを指します。
発せられたことばは独立した力を持ち、他者そして自分に影響を及ぼすものとして考えられてきました。ポジティブで前向きなことばを発すれば、それは周囲の人々の力になり自分にも良い影響となって返ってくる。
一方ネガティブなことばを発していると、言霊のマイナスなエネルギーは周囲と自分に悪い影響を及ぼしてしまうのです。平たく言えば、「言ったことは現実になるよ」ということです。

さて、私は言霊について二つのことを不思議に思いました。

1. そもそも言霊は、誰が最初に言い出したことなのだろうか。
2 . 日本語だけに力が宿るのだろうか。

まずは前者について。言霊の歴史は古く、その起源は古事記にまで遡るようです。古事記によれば、この世がまだ混沌とした状態だった頃に、光とともに大いなる意思が働いたのだとか。

天地(あめつち)初めてひらけしとき、高天原に成れる神の名は…

大いなる神が、イザナギノミコトとイザナミノミコトという神に「この国をちゃんと固めなさい」と命じられたようです。
かくして、イザナギノミコトとイザナミノミコトは大いなる神の「ことば」に従い、言霊をうけて仕事に取り掛かりました。これが最初の言霊と言われています。
さらに、言霊は今でも大和言葉で「祝詞(のりと)」という形で受け継がれています。祝詞というのは神道において神を称えることばで、神様に献上するものだそうです。神職によって読まれるものですね。
ちなみに外国には大和言葉のファンの方が多くいらっしゃるそうです。もしかすると、我々日本人よりも「ことば」に対してずっと敏感なのかもしれませんね。

次に、日本語だけに力が宿るのだろうかという疑問。どうやらそのようなことはないようです。先ほどの「神道における世界のはじまり」を思い出しながら、ちょっとこれを読んでみてください。

A 「はじめに神は天と地を創造された。地は形なく、むなしく、闇が淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてを覆っていた。神は「光あれ」と言われた。すると光があった。(聖書:創世記1章)」

B「初めに言(ことば)があった。言は神とともにあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。光は闇の中に輝いている。そして、闇はこれに勝たなかった。(聖書:ヨハネによる福音書1章)」

キリスト教の聖典、旧約聖書の最初に出てくる創世記のはじまりがAです。新約聖書のヨハネによる福音書のはじまりがBです。とっても似ていますね。どうやら異なる宗教においても、「ことば」というのはとても強い力を持つ特別な賜物のようです。

みなさん、ことばは選びましょうね。
「うわ~、課題めちゃめちゃ大変だね。でもみんなと一緒なら乗り越えられそうな気がする。先輩たちも通った道なのだし、がんばろうー!」このように言えばみんなに言霊が働き、その困難を本当に乗り越えることができるのでしょう。しかし、
てか課題多すぎない?無理なんだけどマジで。辞めたいわ、もう」と言ってしまうと言霊のマイマス面が働き、本来できるはずのことも本当に無理になってしまうのです。周囲のみんなも。

環境はとっても大事。でもその環境を作るのは、私たち一人一人なのです。言霊の力、すごいです。お試しあれ!

とあるサラリーマンの海外転勤 | 英語いいね!

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?! | とあるサラリーマンの海外転勤

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?!

気軽に英会話movie | 英語いいね!

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん! | 気軽に英会話movie

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん!

知らないとコワい 文化のちがい編 | なるほどコラム

文化の違い編サムネイル

同じ英語でも文化と共にイロイロ違うことが!失敗する前にCheckしましょう!

よくある英語のまちがい編 | なるほどコラム

よくある英語のまちがい編サムネイル

何気なく使ってしまう“日本人が間違いやすい英語表現”その危ない“ツボ処”をレンフロ先生が紹介!