※※※【サイト終了のお知らせ】※※※

誠に勝手ながら、諸般の事情により2020年3月31日をもちまして、英語いいね!サイトは終了させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして深く感謝いたしますとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

知らないとコワい...文化の違い編 | なるほどコラム

プレゼンの武器! 五輪招致請負人

プレゼンの武器! 五輪招致請負人

「笑顔は最強の武器!?」

2013年、日本を最も沸かせた出来事のひとつ
「2020年東京オリンピック・パラリンピック招致」

その決定打となったチーム・ジャパンのプレゼンテーションを、
草案から執筆、監督に至るまで指導したニック・バーリー氏
彼が「日本はこうしてオリンピックを勝ち取った!世界を動かすプレゼン力」
という本を出版しました。
私は都内で行われたニックさんのプレゼンに…なんかドキドキ…すっごい迫力で
「これがプレゼンだぁ~っ!」ってやるのかなと思いきや、
なんとも終始穏やかで優しいトーン。ほわぁ~ん♪
でもその方がインパクトは強いのね、と実感しました。

私は毎日のように学生たちに英語のプレゼンテーションを教えています。
しかし、プレゼンテーションがうまくなることがゴールではないのです。
むしろ「英語力ばかりが高くても国際社会では通用しないよ。
自分で汗をかいてリサーチをしてデータを集めて、
それらをチームで試行錯誤しながら並べて、わっかりやす~いパワーポイントを作る。
さらにインパクトがある英語で話して、最終目標は聞き手にイエスと言わせることだよ~」
ってことを実践的に教えたかったのです。そうしたらプレゼンテーションになった。
という訳で、私は英語のプレゼンテーションには小うるさかったりします。

バーリーさんの著書の内容
1. DO THE MATH
 与えられた条件から計算しよう
2. KNOW YOUR AUDIENCE
 相手について、できるだけのことを調べていこう
3. MAKE AN IMPACT
 プレゼンの中に驚きの要素を入れよう
4. KEEP MAKING IMPACT
 聴衆を飽きさせないために考えるべきこと
5. BE VISUAL
 ビジュアルは賢く、適切に使おう
6. BE VISIONARY
 プレゼンでは必ず、新しい視点を提供しよう
7. PERFORM
 優れたストーリーを、練習で補強する
ご参考までに → http://pr.nhk-book.co.jp/nick_presentation/

「そうね~同感だわぁ」なんておこがましい態度で聞いていた私の心に突き刺さり、
「知らんかったー!」となったのは、彼の

A smile is the most powerful weapon というコトバ。
「笑顔は最強の武器である」ということ。

中でもドキッとしたのは Weapon という単語です。そーか戦いなのだなと…。
つまりプレゼンテーションをしている時点で、何かを勝ち取ろうとしているのです。
そこをごまかしたり隠したりしない方がいい。
確かに、あの水野正人さんのプレゼンは衝撃でした!
余裕に満ちた柔らかな笑顔がいっぱいの表情、
日本人にはなかなか作れない…と感動したのを覚えています。
でもそれって「勝ち取るための武器」なのですよ。
ん~、なんか、すごいな~とあらためて感動してしまいました。

A smile is the most powerful weapon
今日、この言葉について、ちょっとだけ時間を使って考えてみてください。

それから、ニックさんかっこよかった♪ 笑

とあるサラリーマンの海外転勤 | 英語いいね!

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?! | とあるサラリーマンの海外転勤

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?!

気軽に英会話movie | 英語いいね!

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん! | 気軽に英会話movie

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん!

知らないとコワい 文化のちがい編 | なるほどコラム

文化の違い編サムネイル

同じ英語でも文化と共にイロイロ違うことが!失敗する前にCheckしましょう!

よくある英語のまちがい編 | なるほどコラム

よくある英語のまちがい編サムネイル

何気なく使ってしまう“日本人が間違いやすい英語表現”その危ない“ツボ処”をレンフロ先生が紹介!