※※※【サイト終了のお知らせ】※※※

誠に勝手ながら、諸般の事情により2020年3月31日をもちまして、英語いいね!サイトは終了させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして深く感謝いたしますとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

知らないとコワい...文化の違い編 | なるほどコラム

もっと自信を持ちましょう。

もっと自信を持ちましょう。

I’m sorry. My English is bad… (英語が苦手でごめんなさい)
をやめましょう!

お仕事で外国の方々(英語圏以外の)とご一緒するたびに思うことがあります。

彼らはイヤっていうほど自分のアイデンティティをしっかり持っているということ。

たとえばインドの方は確固たるインド人だし、中国の方はこっちが引くほど中国人だし、
フランス人はめっちゃフランス人なのです。
その上で英語を話し、国際的マナーにのっとり、国際的なお仕事をしている。
むしろその方が信頼関係は築きやすいんですって!
国際社会に出たときに、自分のアイデンティティがブレてるやつは信用できない
ってことらしいです。
帰属意識(自分がどのグループに属しているのか)が低いと、
結局自分が誰で何をしたいのか分からなくなってしまうのかもしれません。

その点において、
日本人の奥ゆかしさや謙虚さがマイナスに出てしまうこともあるのです。
「周りの人ほど上手に英語が話せないから、本当にすみません」
って思っていませんか?
残念ながら、それは国際社会では「不適合」「自意識過剰」と映っています。

英語スピーチコンテストではなく、会話ですよ、会話!
日本人のアイデンティティが「礼儀正しさ」や「おもいやり」という言葉に
代表されるのだとすれば、それは相手との関係性において発揮しなければ!
話さなければはじまらないのですよ、残念ながら。

みなさんはイギリスのBBC (British Broadcasting Corporation:英国放送協会)
をご存知ですか?
個人的にはBBCがつくるドキュメンタリー、とくに恐竜モノの大ファンですが
(日本でもウォーキング・ウィズ・ダイナソーで有名ですね)、
実は毎年おもしろいランキングを発表しているのです。

世界に良い影響を与えている国ランキング」という、
世界の人々へのアンケートをもとに出したランキングをご紹介しましょう。

2012年度のランキングでは、なんと日本は堂々の第1位
「世界で最も優れた国ランキング」でも1位でした。
2013年度ランキングでは「世界に良い影響~」で4位に。
1位はドイツという結果でした。
ま、理由はいろいろ考えられますよね(笑)。
それでも4位ってすごいと思いませんか?
もっと自信を持ちましょう。

いま流行りの「民度」では、ニッポン人の評価は本当に高い
みんなはあなたのこと結構好きでお話ししたいと思ってるのに、あなたが勝手に
「私なんか私なんか、つまらない人間ですから、放っておいてください!!」
って引きこもってる感じしませんか?
何をそんなに恐れているの?
世界は日本も日本人も結構好きだって!
堂々としようよ、世界第4位。

I’m sorry. My English is bad ではなく、
「僕の母国語ではないけど、君と話したいから話をしよう」、それだけでいい。

私は日本の皆さんが誇りとアイデンティティを失ってしまうことが心配です。
東日本大震災のあと、ヨーロッパのサッカーの試合で、日本語で掲げられた
「がんばれ、日本!」という横断幕、覚えていますか?
日本には、あんなにポジティブな応援があるじゃないですか。
自信をもってそっちを見て欲しいと思うのです。

次のチャンスがきたら、しっかり相手の目を見て、
自分の考えや状況を伝えようとしてください。
スコアよりも大切なのはそこです!

とあるサラリーマンの海外転勤 | 英語いいね!

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?! | とあるサラリーマンの海外転勤

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?!

気軽に英会話movie | 英語いいね!

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん! | 気軽に英会話movie

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん!

よくある英語のまちがい編 | なるほどコラム

よくある英語のまちがい編サムネイル

何気なく使ってしまう“日本人が間違いやすい英語表現”その危ない“ツボ処”をレンフロ先生が紹介!

知らないとコワい 文化のちがい編 | なるほどコラム

文化の違い編サムネイル

同じ英語でも文化と共にイロイロ違うことが!失敗する前にCheckしましょう!