レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

知らないとコワい...文化の違い編 | なるほどコラム

色を使ったお洒落な言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加
知らないとコワい...文化のちがい編 イメージ | なるほどコラム

今日は色を使った英語の表現をいくつかご紹介しましょう。
覚えて使ってみてくださいね。

James: Do you like gardening, Mai?
Mai: Yes I do, but nobody beats my mom.
Her garden is just beautiful!
James: Oh, she must have a green-thumb.
Mai: Green thumb??

ジェイムス:舞、ガーデニングは好き?
舞:うん、好き。でもうちのお母さんにはかなわないわよ。
お庭がすっごく綺麗なの♪
ジェイムス:へぇ~、じゃお母さんは緑色の親指を持ってるんだね。
舞:緑の親指?

確かに直訳したらそうなりますよね~。
でもグリーンサムとは、何故か植物と仲がいい人のこと。
うちの母親は本当にグリーンサム!
「あら、綺麗なバラね」とか言いながらポチっとつまんで持ち帰り(すみません)、
サッと庭に挿しておくだけで元気になってしまう。
本人曰く、「ちゃんと話しかけなきゃダメなのよ」…だそうですが。

Mai: Do you go to the movies with your sister, James?
James: Well…maybe once in a blue moon.
Mai: Blue moon??

舞:ジェイムス、妹と映画に出掛けたりする?
ジェイムス:う~ん、青い月のときくらいかな。
舞:青い月?

これはきれいな表現ですが、やはり直訳すると変なコトに…。
このonce in a blue moonというフレーズ、
seldomやrarelyと似ていて「めったに~しない」という意味なのです。
ただ「めったにない度」はBlue moonの方が上です。
なぜblue なのかという理由には諸説ありますが、
月が青くなる⇒あり得ない⇒でも大気の状況によってはたま~に見られる⇒皆無ではない、
ということから「めったにない」ことを指す表現となったようです。

そういえば80年代に流行った「こちらブルームーン探偵社」という
TVのサスペンスコメディ、覚えている方はいらっしゃるでしょうか?
そうです!あのブルース・ウィリスが一躍有名になった番組です。
シャイでまっすぐで不器用で、David役のブルース、本当に素敵でした~♪

最後に私のお気に入りのフレーズをもう1つ。
運転中に信号待ちしているとき、ふと考え事などして
信号が青に変わったことに気付かない数秒って、誰にでもありますよね?
そんなときアメリカでは、
It doesn't get any greener
「待っててもこれ以上青くはならないよ」などと皮肉を言われたりします。
個人的にはそんなキュートな皮肉が大好きです!

とあるサラリーマンの海外転勤 | 英語いいね!

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?! | とあるサラリーマンの海外転勤

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?!

気軽に英会話movie | 英語いいね!

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん! | 気軽に英会話movie

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん!

よくある英語のまちがい編 | なるほどコラム

よくある英語のまちがい編サムネイル

何気なく使ってしまう“日本人が間違いやすい英語表現”その危ない“ツボ処”をレンフロ先生が紹介!

知らないとコワい 文化のちがい編 | なるほどコラム

文化の違い編サムネイル

同じ英語でも文化と共にイロイロ違うことが!失敗する前にCheckしましょう!