※※※【サイト終了のお知らせ】※※※

誠に勝手ながら、諸般の事情により2020年3月31日をもちまして、英語いいね!サイトは終了させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして深く感謝いたしますとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

知らないとコワい...文化の違い編 | なるほどコラム

「tube」の意味をご存知ですか?

I ride the tube to school.

みなさんtubeという単語を聞いたら何を思い浮かべますか?

英語を頑張っている人だったら、「管!!」とすぐに答えが返ってきそうですね。
正解!
日本語でも「チューブ」で通じますよね?

では"Let's get on the tube!"というのは、「管に乗ろうぜ~!」という意味でしょうか?
ご想像の通り、違います。

実はtubeという単語、イギリスでは「地下鉄」を指してもいるのです。

地下に巨大な管を通して地下鉄を作ったことから来ているのでしょう。
「地下鉄で行こう」は“Let's take the subway"(米)、
“Let's take the tube"(英)となります。

ちなみに、乗り物に「乗る」と言いたいときには、takeを使うことが多いと覚えましょう。
"I ride my bike to school"はOKでも"I ride the tube to school"と言ってしまうと、
地下鉄にまたがってさっそうと通学するスーパーマンを連想してしまいます。
そう、rideには、「またがって乗る」という意味があるのですね。

とあるサラリーマンの海外転勤 | 英語いいね!

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?! | とあるサラリーマンの海外転勤

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?!

気軽に英会話movie | 英語いいね!

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん! | 気軽に英会話movie

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん!

よくある英語のまちがい編 | なるほどコラム

よくある英語のまちがい編サムネイル

何気なく使ってしまう“日本人が間違いやすい英語表現”その危ない“ツボ処”をレンフロ先生が紹介!

知らないとコワい 文化のちがい編 | なるほどコラム

文化の違い編サムネイル

同じ英語でも文化と共にイロイロ違うことが!失敗する前にCheckしましょう!