※※※【サイト終了のお知らせ】※※※

誠に勝手ながら、諸般の事情により2020年3月31日をもちまして、英語いいね!サイトは終了させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして深く感謝いたしますとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

よくある英語のまちがい編 | なるほどコラム

「It must’ve been Love」とは?

 あのハリウッドの名作、ジュリア・ロバーツとリチャード・ギア主演のプリティ・ウーマンの中に、ROXETTEというバンドが歌った It must’ve been love という曲があったのを覚えていますか?まぁ主役のお二人の素晴らしいこともそうですが、シンデレラ・ストーリーは永遠の憧れなのですね。年齢関係なくほわ~ん♥となりました笑。

 今日注目したいのはROXETTEが歌ったこの挿入歌。サビの部分をちょっと見てみましょう。

It must’ve been love but it’s over now.
It must’ve been good but I lost it somehow.

 must have been =助動詞+完了形ということですね。でもこれ、ど~ゆ~こと?
 mustというのは「~なはず、~しなければならない」といった意味を持つ助動詞です。助動詞の大原則を覚えていますか?そう、助動詞の後ろはぜったいに動詞の原形! It must be good =それはいいはずである。 mustという助動詞の後ろは be動詞の原形である be が来ています。「お腹すいたでしょ?」は You must be hungry だし「疲れたでしょう?」は You must be tired でいいわけですよ。でもこれだと、「今」のことしか表せない。「あれは~だったに違いない」のように、過去のことを言いたいときには助動詞+完了形にする必要があるのです。

It must have been love. あれは愛だったに違いない
It should have been love. あれは愛だったはずだ
It could have been love. あれは愛だったかもしれない(愛になれたかもしれない
It may have been love. あれは愛だったかもしれない

使う助動詞でちょっとずつニュアンスが違ってきます。そう、ここでは事実とは違う過去のこと、また事実確認できていない過去のことを言うときに使われるんです。

He must have read it. 彼はそれを読んだに違いない=読んだかどうか確かめていない
I should have done it. 私はそれをやるべきだった=やってない
You could have met her. あなたは彼女に会えたかもしれない=会えてない
She may have known it. 彼女はそれを知っていたかもしれない=知っていたかどうかわからない

 というわけでプリティ・ウーマンの挿入歌は…「あれが愛だったに違いないけど、もう過ぎたこと。いいものだったに違いないけど、何故か失ってしまったワ」という意味だったのですね。でも失ってなかったんですよ~映画の中ではぁ!やっぱり最後は一輪のバラをくわえて非常階段を上らなきゃ愛じゃない 笑!

 どうですか?助動詞+完了形は常に過去のことを表します。それも事実確認できていないこと。日常生活ではこういうケース多いですよね?ぜひどんどん使って表現の幅を広げてください!

とあるサラリーマンの海外転勤 | 英語いいね!

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?! | とあるサラリーマンの海外転勤

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?!

気軽に英会話movie | 英語いいね!

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん! | 気軽に英会話movie

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん!

よくある英語のまちがい編 | なるほどコラム

よくある英語のまちがい編サムネイル

何気なく使ってしまう“日本人が間違いやすい英語表現”その危ない“ツボ処”をレンフロ先生が紹介!

知らないとコワい 文化のちがい編 | なるほどコラム

文化の違い編サムネイル

同じ英語でも文化と共にイロイロ違うことが!失敗する前にCheckしましょう!