※※※【サイト終了のお知らせ】※※※

誠に勝手ながら、諸般の事情により2020年3月31日をもちまして、英語いいね!サイトは終了させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして深く感謝いたしますとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

よくある英語のまちがい編 | なるほどコラム

I have gone to Franceは幽体離脱?!

I have gone to France
「完了形には完了、継続、経験を表す機能があ~る!」ということは知っていても、
なぜ
1. I have been to France ○
2. I have gone to France ×
3. She has been to France ○
4. She has gone to France ○ 
なのかということは理解できているでしょうか?
文法は「使うため」にあるのです。
しっかり完了形と仲良くなって、たくさん使いましょう。
なぜ2番は×なのかを理解するために必要なポイントは2つです。

Point 1:存在を表すbe動詞
be動詞=~です、と覚えてはいけません。
be動詞は「存在」と「状態」を表します。

I am in France 私はフランスにいる(存在)
I am happy 私は幸せです(状態)

現在完了形は have / has+過去分詞で作りますから、
「フランスに行ったことがある」と経験を表したいときには
be動詞の過去分詞beenを使って、I have been to France となるわけです。
意味としては「フランスに存在したことがある」と言っているのです。

Point 2 : goneとは「行ってしまって居ない」こと
自分以外の誰かが「行ってしまった」= He has goneというのは十分あり得ます。
イメージとしては、自分はここに居て、行ってしまった彼の話をしている感じです。
しかし、I have gone となると、
行ってしまった自分の話をしているもう一人の「私」が存在することになってしまい、
幽体離脱でもない限り、あり得ないハナシなのです。

1. I have been to France 私はフランスに行ったことがある(経験)
2. I have gone to France 私はフランスに行ってしまって居ない(話してる私は誰?)
3. She has been to France 彼女はフランスに行ったことがある(経験)
4. She has gone to France 彼女はフランスに行ってしまって居ない(完了)

「行ったことがある」という経験を表したいのか、
「もう行ってしまって居ない」と言いたいのか、
ここを理解すれば完了形はそんなに怖いものではありません。

では英語で言ってみましょう!
(1) 父は仕事に行ってしまいました。
(2) 彼はインドに行ったことがあります。
(3) トムはもうカナダに行ってしまってここには居ない。

(1)My father has gone to work.
(2)He has been to India.
(3)Tom has gone to Canada.

とあるサラリーマンの海外転勤 | 英語いいね!

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?! | とあるサラリーマンの海外転勤

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?!

気軽に英会話movie | 英語いいね!

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん! | 気軽に英会話movie

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん!

よくある英語のまちがい編 | なるほどコラム

よくある英語のまちがい編サムネイル

何気なく使ってしまう“日本人が間違いやすい英語表現”その危ない“ツボ処”をレンフロ先生が紹介!

知らないとコワい 文化のちがい編 | なるほどコラム

文化の違い編サムネイル

同じ英語でも文化と共にイロイロ違うことが!失敗する前にCheckしましょう!