※※※【サイト終了のお知らせ】※※※

誠に勝手ながら、諸般の事情により2020年3月31日をもちまして、英語いいね!サイトは終了させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして深く感謝いたしますとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

レンフロ先生 英語IQアップ講座 TOEIC「クラス平均370点アップ↑」へ導いた先生の書き下ろしコラム!

よくある英語のまちがい編 | なるほどコラム

「好き」以外の「Like」の使い方とは?

What's it like?
Tom
: What's your hometown like?
Mai
: …Yes. I like my hometown.

やってしまいそうなミスですね~。
…hometown…like…?に反応してしまい、
「ふるさとは好きですか?」と勝手に解釈。
Yes, I do と元気に答えてしまいそう。
一般動詞のlikeはもちろん「好き」でOK。
でもbe動詞+likeになると「~のような」という意味になるのです。
トム君は「君のふるさとはどんな所?」と聞いたんですね~。

What's it like?
「それはどんなものですか?」

はフレーズで覚えてしまうと便利。
it のところに人や物を入れれば、いろいろと質問できます。

What's your mother like?
あなたのお母さんはどんな人?
What's Sushi like?
寿司ってどんなもの?
What's it like in Paris?
パリはどんな所?

ざっくりした質問ですね~。
「パリの建築や人口や経済なんかが具体的に知りたいわけじゃないんだけど、
パリに住んでたって言うからどんな街だか聞いてみよう」というときによく使われマス。
会話を始めたり盛り上げるのに便利なんです。

一方、What do you like? What does she like? 「何が好きですか」と聞いています。
likeが一般動詞として使われているので、疑問文にはdo, doesを使ってるというわけ。

ところで「あなたってどんな人?」って、日本語では自然に聞こえる質問ですが、
英語で What are you like? とは言わないので気をつけましょう。
文法的に間違いではないのですが、
会話相手に向かってこういう抽象的な質問はしないのです。

答える人が目の前にいるのだから、

  • What kind of music do you like?
  • Are you a good cook?
  • What do you major in?(専攻は何?)

のように具体的に質問します。
つまり、be動詞+likeというのは客観的に
「~のようなもの」と言いたいときに使うものなのですね。

「英会話上達のコツは自分から質問することー!」とお話したことがあると思います。

You
: Where are you from?
  出身はどこ?
Partner
: I'm from Los Angeles, California.
  カリフォルニアのロサンゼルスよ。
You
: What's it like in Los Angeles?
  ロサンゼルスってどんなところ?

ほらね?こんな感じ。
「どんなもの?」って聞かれれば説明しなきゃいけないわけで、
リスニングの練習にもなったりします。

とあるサラリーマンの海外転勤 | 英語いいね!

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?! | とあるサラリーマンの海外転勤

ビジネスシーンにも日常生活にも対応!まるで体験しているみたい?!

気軽に英会話movie | 英語いいね!

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん! | 気軽に英会話movie

英会話は“慣れ”が重要!初級レベルからのムービーが盛りだくさん!

よくある英語のまちがい編 | なるほどコラム

よくある英語のまちがい編サムネイル

何気なく使ってしまう“日本人が間違いやすい英語表現”その危ない“ツボ処”をレンフロ先生が紹介!

知らないとコワい 文化のちがい編 | なるほどコラム

文化の違い編サムネイル

同じ英語でも文化と共にイロイロ違うことが!失敗する前にCheckしましょう!